活動紹介
【会長】 坂本 英典
みなさんは1週間のうちに、
何人と名刺交換をしていますでしょうか?
何人に自社の事業を紹介していますでしょうか?
何人に宇都宮市のこと、栃木県のことを紹介していますでしょうか?
何人にYEGのことを紹介していますでしょうか?

昨今の日本経済は大手企業主導の経済政策が功を奏し、好景気循環の兆しが見えてきました。加えて、訪日外国人の急増など、明るいトピックスも増えてきました。地方への好景気波及のタイムラグや構造的な人手不足など、様々な問題はあるものの、停滞していた日本経済は確実に動き出しています。
栃木県に目を向ければ、4月からのJRディスティネーションキャンペーン、2022年国体開催など、来県する方が確実に増える事業が続きます。
宇都宮市内ではいよいよLRTが着工します。それに伴う街づくりは日本各地から注目を集めることとなるでしょう。

まさに今年度は、日本を世界に売り込む、栃木県や宇都宮市を全国に売り込む、自社の事業や自分を売り込む、大切な1年となるでしょう。 しかし、発信しなければ結果はついてきません。
特に商工会議所は商売人の団体です。自らが望めばあらゆる業種、あらゆる地域に、そして海外にも人的ネットワークを構築することが可能です。販路開拓はもちろんのこと、新しい自社事業展開のパートナーシップ構築のためにも、宇都宮YEGのみならず日本YEG等も最大限活用し、自社を発信してほしいと思います。またそれが可能なように宇都宮YEGを運営していきます。
昨年度に引き続き今年度もスローガンを「From vision to reality」と致します。「夢は、ヴィジョンは必ず実現する」。自分の夢を、自社のヴィジョンを、宇都宮の目指す街の姿を、内外に強く数多く発信してきましょう。

「100年先も誇れるまちを」目指している宇都宮市。その経済的発展の一翼を担う団体としての自覚を持ち、また自己の成長が自社の発展に、自社の発展が地域の発展に繋がるという信念をもって、共に語り、共に汗をかき、そして共に夢をヴィジョンを実現していきましょう。
「人づくり」グループ
宇都宮YEGの活動を、また「宇都宮YEGは自分たちの夢やビジョンを語り磨きあっている団体です!」ということを、一人でも多くの方に知って頂けるよう、広報活動のさらなる改善に取り組む。
「仲間」を創る
自分を、自社を、語り合える仲間を増やします。宇都宮YEGメンバーの入会促進をはかります。そして大切なことは定着のための仕組改革をいたします。入会して間もないメンバーの参加意識を高めるための仕組づくりを致します。
「商売」を創る
宇都宮YEG内部でのビジネスマッチングの強化をはかります。お互いがお互いどんな事業をしているのか、何を目指しているのか、発信しあえる場を提供します。
「宇都宮」を創る
親善大使事業等、街づくりのための継続事業を実施します。加えて昨年度策定の「中期事業」を実施します。
「宇都宮」を売る
ディスティネーションキャンペーンを見据えた事業等、宇都宮を外部にPRする事業を実施します。