事業報告
 
[2019.11.22]

関東ブロック大会茨城ひたちなか大会に参加

「第39回関東ブロック大会茨城ひたちなか大会」が10月25日(金)~26日(土)、茨城県ひたちなか市で開催されました。
 
 「第39回関東ブロック大会茨城ひたちなか大会」が10月25日(金)~26日(土)、茨城県ひたちなか市で開催されました。直近の台風や大雨の影響で開催自体が危ぶまれましたが、当日は天気も回復し、無事開催の運びとなりました。
 本年の関東ブロック商工会議所青年部連合会のスローガンは「関東ブロック一致一体 ~共感し、共鳴し、果敢に挑もう~」であり、その趣旨は、商工業と地域社会を担う青年経済人が互いに連携の輪を拡げ、商工業の発展と豊かな地域社会の形成に果たす商工会議所の役割を認識し、その実現のために青年経済人として何をなすべきかを研究し研鑽することを目的としています。
 われわれも、連携の輪を宇都宮から関東にまで広げる事により、さらなる事業や地域活性化の可能性の拡大を図るべく、神宮会長をはじめ、OB2人を加えた21人で参加しました。
 記念式典は2200人を超える参加者が集り、多くの来賓の方々のご臨席のもと、厳粛かつ盛大に執り行われ、各単会紹介や次年度の開催地の発表など大いに盛り上がりました。また、式典後の分科会は、前日の大雨の影響で一部内容が変更となるものもありましたが、実行委員会の的確な設営により大きな混乱もなく行われました。
 大懇親会前の空き時間には国営ひたち海浜公園の視察を行い、その後に参加した大懇親会では、関東各地の青年部メンバーと積極的に交流を行うことができ、参加したメンバーは有意義かつ楽しい時間を過ごすことができました。

(事業推進委員会 委員長 浜野 達哉)

 
一覧はこちら