事業報告
 
[2020.03.06]

2月事業推進例会を開催

2月事業推進例会を2月10日(月)、市内のホテルを会場に開催しました。

 2月事業推進例会を2月10日(月)、市内のホテルを会場に開催しました。
 今年度われわれ事業推進委員会は、地元プロスポーツチームを盛り上げることによって、地域活性化を図るための活動を行っています。今回はその第二弾として、「スポーツによる街づくり会議~この会議で宇都宮は変わる!~」と題し、地元のプロスポーツチームである宇都宮ブレックスの鎌田眞吾社長と宇都宮ブリッツェンの廣瀬佳正ゼネラルマネージャーおよび、栃木サッカークラブの江藤美帆マーケティング戦略部長を講師にお迎えしました。
 第一部では、各チームの理念やビジョン、組織運営やチームの歴史、活動実績などチーム紹介のプレゼンを行い、第二部では、講師3人と青年部の神宮会長をパネラーに迎え、坂本直前会長をコーディネーターとして、パネルディスカッションを行いました。
 今回の例会は、地元プロスポーツチームが地域に根付き、安定的に継続していくために、各プロスポーツチームと青年部が得意分野を生かして連携し、宇都宮全体の街の活性化につながる活動を共につくり上げていくことを目的としていました。
 パネルディスカッションでは、白熱した議論が行われ、想定していた時間では足りませんでしたが、各チームの内情やあまり知られていない地元への貢献活動などを知ることができ、今後、地域活性化を図るためのヒントになったのではないかと思います。
 例会後の懇親会では、講師やチーム関係者の皆さまと席を共にし、貴重な話を伺うことができました。また、所属選手のサイン入りグッズなどが当たる抽選会を行い、大いに盛り上がりました。
 シーズン中や開幕直前の忙しい時期にご協力いただいた各チーム関係者の皆さま、設営に尽力してくれた事業推進委員会のメンバー、そして参加していただいた青年部メンバーの皆さま、本当にありがとうございました。

(事業推進委員会 委員長 浜野 達哉)

 
一覧はこちら